キャッシング審査に必 要な書類とその信頼性

  • 2008/10/22(水) 22:00:46

キャッシング審査に必要な書類として本人を確認できる身分証明書の提出が必須になります。
キャッシングは信用取引ですので、提出する書類は信頼できるものでなければいけません。
多くの詐欺や事件が起こっている現代では、特にその傾向が強くなります。

キャッシングに必要な身分証明書の重要な役割としては、まず申込をする人が本人であることを確認することにあります。

身分証明書によって、申込申請フォームに記入した住所が実際の現住所であることを確認することもできます。
身分証明書として認められているものとして、運転免許証や健康保険証が一般的です。
他にも住民票やパスポート、年金手帳などがあります。
ただし住民票は運転免許証や健康保険証に比べ、信頼性は低くなります。

なぜなら、住民票は印鑑さえあれば誰でも取得可能だからです。
また健康保険に入っていない場合も考えられ、いろいろなリスクを伴うからです。

キャッシングまでの流れ

  • 2008/10/22(水) 22:00:37

キャッシングする場合、いくつかの方法があります。

以前からあるのは、キャッシング会社の店頭に出向き申し込む方法で、店頭で申込申請フォームに必要事項を記入します。
持参した身分証明書がコピーされ、申込申請フォームに書かれた事項の確認が行われます。
いくつかの質問をもとにキャッシングに関する審査が行われます。

店頭で申込する利点は、疑問や分からないことを納得いくまで直接確認できることです。

次に最近一般的になってきたのは無人契約機による申込方法です。
無人契約機から聞こえる声の案内に従って手続きを進め、申込書に記入します。
身分証明書のコピー、審査に必要な質問をいくつか受けるなど、店頭での申込と同じような流れになります。

他にインターネットでキャッシングを申し込む方法もあります。
自宅でいつでも申し込めるこの方法が、今では主流になりつつあります。

キャッシングの審査基準− 個人の信用情報に関すること

  • 2008/10/22(水) 22:00:35

キャッシングする場合の審査基準のうち、一番重要視されているのが個人信用情報です。
融資会社の形態によってそれぞれ設置されている個人信用情報機関から提供される情報のことを言います。

融資を受けようとする会社以外に何件の会社から融資を受けているか、借入額はどれくらいか、そこでの支払いや過去のローンなどの支払いが遅れていないかなどが主な個人信用情報になりますが、これらは融資する会社にとってかなり重要な審査基準です。

利用者が多重に債務を抱えると、貸し倒れになる可能性が大きくなります。
融資する会社はそれを未然に防がなければいけません。

何社から借りていても、支払いが滞っておらず、きちんと返済できていれば問題はありません。
しかし返済の遅れや債務整理、自己破産などがあれば審査基準をクリアするのは非常に難しくなります。
キャッシングする際は、以上のことを把握しておいたほうがいいでしょう。

キャッシングの審査の実際

  • 2008/10/22(水) 22:00:28

キャッシングの審査は、それぞれの業者が独自の審査方法や基準を設定しています。
しかし実際には利用者の他業者での利用状況など、さらに詳しい個人情報を知るにはそれだけでは限界があります。

そんな時、個人信用情報を提供してくれる機関があります。
銀行を中心とした金融機関やクレジット業者など各業界がそれぞれで設置している個人信用情報機関で、全部で5つの機関があります。

個人信用情報とは、キャッシングを含むクレジットやローンに対する利用者の契約内容や支払いなどが、過去から現在までどのような状況であるかの情報のことを言います。

実際にはこれらの情報が審査にとって重要なものとなります。
これらの情報はそれぞれの個人信用情報機関で相互に情報を交換できるようになっています。
金融業者独自の審査だけでは他業者での利用件数や利用金額など分からないので、多重債務などを防げないからです。

不動産担保ローン

  • 2008/10/22(水) 21:57:14

不動産を担保にしてキャッシングローンを組むと、ある程度のまとまった融資を受けることができます。
これを不動産担保ローンといいます。

担保にする不動産の価値によって金利や融資額などが決まってきます。
不動産の評価に関しては、その評価の満額を融資してもらえるわけではありません。
しかし、評価によってはかなり多額のローンも可能です。

金利は10パーセント程度から上は20パーセント程度まで設定してあり、通常の消費者金融ほどではありません。
ローンの期間も長めに設定してあります。

金利のほかに手数料やその他の諸費用がかかるので、その分もしっかり計画に入れておかなくてはいけません。
不動産を担保に取ると言うことは、もし返済ができなくなってしまったら、その不動産が売却されてしまうと言うことになります。
そういうリスクも頭に入れて、ローンを組むべきでしょう。